a0006_001468

 

出産祝いの贈り物。

心のこもったプレゼントであれば、相手はきっと喜んでくれるでしょう。

自己満足にならないように、相手の趣味や欲しいものを考えて選びましょう。

 

例えば、ベビー服やベビー肌着などは、いくつあっても助かります。

しかし、赤ちゃんはどんどん成長していきます。

すぐにサイズアウトしてしまうので、新生児用を贈る場合は産後すぐに、
少し大きなものを贈る場合は、季節をよく考慮しなければなりません。

また、パパやママは子どもに“こんな服を着せたい”と考えているものです。

相手のセンスや趣味を考えて選ぶことが重要となります。

 

そして、いくつも必要のないものもあります。

例えば、玩具。

起き上がりこぼしやメリーなど、一つは必要だけどたくさんいらないのに、
何人かの人からもらうというケースも少なくありません。

どうしても贈りたい場合は、それとなく確認するとよいでしょう。

 

また、消耗品も贈ると喜ばれるもののひとつです。

例えば、おむつやお尻拭き、ミルクなどです。

しかし、消耗品なので後に残らないということに抵抗を持たれる方が多いのも事実です。

 

自分ではなかなか買わない、記念に残るものを選ぶのもよいでしょう。

例えば、誕生石の入ったベビーリングや、赤ちゃんと同じ体重のぬいぐるみなども人気です。

考えれば考えるほど、悩んでしまう出産祝いですが、一番大事なのは「おめでとう」の気持ちです。

心を込めて選んだプレゼントは、きっと喜んでくれます。